その上に華やかな着物を着た女性と手まりなどの小物がちりばめられているのです。

この着物を購入して、成人式で来てからというもの、その後は謝恩会や結婚式の度にこの着物で参加することにしています。

それほど派手ではなく落ち着いた色なので、どこでも着ていけます。

結婚式の参加をする時、いつも衣装で迷う人はいませんか。私の妹もいつも迷っています。

そして洋服をそろえたり、靴を買ったり。結構お金もかかるけれど、あまり結婚式で同じものは着れないから、一回だけになってしまうと嘆いています。

私の場合は、友人の場合はお気に入りの着物で参加しても、親族の時は、自分の母の着物を借りたり、時々着物も気分も変えています。

着物をきて一番いいところは、気分がしゃんとするところです。着物の着付けが始まると徐々に、自然に姿勢が伸びるし、動作もゆっくり上品になるような気がします。

自分の気に入った着物を綺麗に着こなそうと考えるからこそ、そうなるのだと思います。

着物を着ると確かに次の日に筋肉痛になるほど疲れるのですが、たまには、このように緊張感のある姿勢を保つ一日があると自分にも張り合いが出ていいなと思います。

Page top icon